靴・かばんなど皮革製品の修理をしています高崎のホップです。 高崎市はもとより前橋市、伊勢崎市、太田市、桐生市、藤岡市、安中市、館林市、渋川市、沼田市、富岡市など、群馬県内はもちろん、埼玉県の本庄市,深谷市,熊谷市や栃木県からも修理依頼をしていただき、ありがとうございます。合カギも最新マシンを導入し対応しております。また、カギのトラブル全般にも別働隊で対応しておりますのでご依頼くださいませ。

2010年04月10日

批判的なコメントが来ました





同じカテゴリー(日記)の記事画像
ブログの引越し
ヴィクトリーショウに参加して
警察に相談を!
ワッペンの縫い付け
佐波郡東村立東中学校(現伊勢崎市立あずま中学校)
カサの修理
同じカテゴリー(日記)の記事
 ブログの引越し (2011-10-03 20:52)
 ヴィクトリーショウに参加して (2011-10-01 15:28)
 警察に相談を! (2011-09-28 17:37)
 ワッペンの縫い付け (2011-09-16 20:06)
 佐波郡東村立東中学校(現伊勢崎市立あずま中学校) (2011-09-10 21:46)
 カサの修理 (2011-09-08 21:31)

Posted by キミ at 06:10 │日記
この記事へのコメント
客のクレームで一番怖いのはサイレントクレーム
不満があっても言わずに二度とその店を使わないこと
客が名前や顔を出して言ってくるなら
今後も使う気があるからさ
店が重視しなきゃいけないのは
俺みたいに匿名で言ってくるクレームだぜ
客はあんたの店が無くなっても他を探せばいいが
店は客を無くしたらダメだ
客と店は立場が違うから顔を出せだの
店に来いだのはスジ違いもいいとこだぜ
まあブロガーとして貌を出している
アンタの意気込みは見上げたもんだがね
Posted by ブラックオックス at 2010年04月10日 10:00
嬉しいね、意気込みをかってもらって。

今は、どの商店も、とくに店が大きいほど

悪い意味でのお客様の顔色をうかがい過ぎの

感がありるようなきがする。確かにお客様は大事にしなければ

ならねぇんだけど、こっちだって人間なんだ、我慢出来ねえ

事だってあるんだぜ!これが、勤め人なら「グッ」とこらえて

ニコニコしながら我慢しなきゃならねえんだろうけどさ、そういう

事が出来ねえから職人してんだよ。(職人でもそうでもない人も

いるようだけど・・・)サイレントクレームだかサウウドオブサイレンス

だかよくわかんねえけど、あんまり、こまけえ事を考えてたら

ノイローゼになっちっまうよ。福沢諭吉先生も言っているが、

「頑固という短所には正直という長所がある」ていうんだ、俺も

そう思う。姑息な人間、人を見下す人間に頭にきた時、「馬鹿ヤロー」

という人間がいなくなっちゃあ世も末だぜ!

「今のお客様がどうおもっているかなぁ?」なんて考えることも

大事かもしれねえけど、俺は毎日、毎日を「ただ今、臨終」という

いつ死んでもいい精神で(本当は急に死ぬのは嫌だけど)、一日

一日を精一杯全力で生きていくしかねえよ。
Posted by キミ at 2010年04月10日 12:57
はっはっは(^o^)ご無沙汰です!
キミさんは職人です。
全く異業種ですが私も職人です。
後はお互い気持ちが通じるかどうかの違いで・・・
いろんな方がいて良いんじゃないですか(笑)

追伸:ビデヲ借りっぱなしでスンマせん!
Posted by K軍曹 at 2010年04月10日 23:54
K軍曹殿、久しぶりです。

書き込み感謝します。

ビデオの件、いつでもいいですよ。

何せ、4月は米軍が沖縄に上陸を開始した月です。

私も上陸記念月だから、もう一度見直しました。

「沖縄 悲遇の作戦」という光文社NF文庫から出ている

八原大佐の伝記と合わせて鑑賞するといいですよ!
Posted by キミ at 2010年04月11日 05:58
なんかコメントでいきなり論理が飛躍してんじゃねぇのか?
アンタ前の動画の中で「職人はヨイショに弱い」って言ってるなぁ
ヨイショって相手の機嫌をとっておだて上げることだぜ
明らかに相手を見透かしてとる行為さ
そんな行為でも職人はバカ正直だから弱いって言ってるんだよなぁ
だけど今度の動画じゃ「最初からその気の奴は論外だ」とか言ってる
ヨイショする人間なんて始めからその気だし、そんな奴こそが
アンタの嫌いな姑息な人間、人を見下す人間なんじゃねぇのかい
本当に感動している人間はヨイショなんてしないぜ
素直に心から賞賛してくれているんだろう
それをヨイショだなんて言ったら、それこそ失礼なことで
まったく誠意のカケラも無いひねくれ職人になっちまうぜ
Posted by ブラックオックス at 2010年04月11日 16:49
まぁ、君には万言尽くしても、理解で出来ないだろうね。

本当に感動したことがないのだろうからねぇ。

俺は修理の依頼を受けると、なるべく丁寧にブリーフィングを

するんだ。そんな時、稀にお客様がイメージしていた出来上がり

よりも、かなり(これは手前ミソかもなぁ)いい状態で修理が完了することが

あるんだ。そんな時、お客様から思いもかけないお言葉を頂戴するんだ。

そうすると気持ちよくなるわけだ。人間だもんなぁ、しょがねえだろう。

そういうこと、とてもわざとやっているようには見えねえよ。

昨日なんかも、当初打ち合わせしていた金額より多く頂戴したったよ。

よく出来ているっていうんでよ。決して、あんたの言っているような

姑息な感じはねえよ!そうだ、いいこと思いついたぜ!名乗らなくても

いいから一度、お客様として店にきてくれよ!そして、俺っう人間を見てくれ。

そうすりゃ、誠意があるかないか、よくわかってもらえると思うぜ。
Posted by キミ at 2010年04月11日 20:25
はじめて、コメントを寄せさせていただきます。北海道、札幌で同じく、靴、鞄の修理をしているものです。この、仕事のむずかしさと、喜びを、なかなか、会社勤めの方は理解できないようですね。この仕事は誰の力も借りれませんし、代わってもらえません。日々、試行錯誤を繰り返し、技術の向上をはかり、自分の仕事に責任を持ち、手間をかけて、ひとつひとつ、時には、割りに合わないことも、多々あります。しかし、壊れていた、靴や、鞄等を修理し、完成したものをみて、また、お客様から、感謝の言葉をいただくと、素直に喜びを感じます。けして、ぼろもうけ出来る商売ではないですね。
ホップさんの職人の気概は、おおいに、大賛成です。遠い地から、陰ながらエールをおくります。
Posted by さいとうさん at 2010年04月11日 23:52
本当に感動したことがない~とは言ってくれるぜ
そのセリフ、そっくりそのままお返しするよ
アンタが先のコメントで書いた客の反応は本物なんだろう?
だったらヨイショなんかじゃねぇじゃねぇか
アンタは最初の動画で「職人はヨイショに弱い」って
自分で言ってたんだぜ。それに対して俺はカチンときて
「ヨイショなんて見え透いた行為に動かされていいのか
本当に感動している客の態度をヨイショと言うのは失礼だろう」
って言ったんだ。
万言尽くしても理解で出来ないのはアンタの方だぜ
それに俺は店になんかいかねぇぜ
俺は個人的にアンタが誠意のある人間かどうかを知りたいんじゃない
このブログを見ている奴らにアンタの誠意を判断してもらおうと思ってる
だからこうやって書き込んでいるわけさ
Posted by ブラックオックス at 2010年04月12日 08:05
だからさ、職人に限らず人間は褒められれば

嬉しいし、けなされれば悔しいだろう?現に

ブラックオックス君、君だって、君が誠意がないと

言っている俺ごときに「感動した事がない」って言われて

結構、動揺しているようじゃねえかぁ?あっ違うかい?

どんな人だって心の動きは同じだろうが?まぁ、お客様が

褒めてくれたのを、学の無え俺がヨイショと言っちまったのが

悪いんだろうけどさ・・・。あんた、ブラックオックス君、細部に

こだわるねぇ。木を見て森を見ないくちかい?

それでもって、また、言っていることが違うとか、書き込みして

こねえだろうなぁ。でもさ、俺の意見に賛成してくれる人もいるんだぜ!!
Posted by キミ at 2010年04月12日 10:31

削除
批判的なコメントが来ました