靴・かばんなど皮革製品の修理をしています高崎のホップです。 高崎市はもとより前橋市、伊勢崎市、太田市、桐生市、藤岡市、安中市、館林市、渋川市、沼田市、富岡市など、群馬県内はもちろん、埼玉県の本庄市,深谷市,熊谷市や栃木県からも修理依頼をしていただき、ありがとうございます。合カギも最新マシンを導入し対応しております。また、カギのトラブル全般にも別働隊で対応しておりますのでご依頼くださいませ。

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2009年12月30日

読者には媚びないゾ!



知り合いの松井慎一郎さんから著書の
「河合栄治郎 - 戦闘的自由主義者の真実」
を送っていただきました。ありがとうございます。

  

Posted by キミ at 09:18動画で解説

2009年12月24日

カカト上部(市皮部)の修理



カカトの上部の合皮がグチャグチャになった靴が

修理に出てきました。高価な靴ですが、この部分が

合皮で出来ているものが多いので、よくこのような修理の

依頼があります。

交換する部分を外して



新しく本革で作製した部品と交換して出来上がり!!



今度は本革を使用しているので、前のようにグチャグチャになる事はありません。  

Posted by キミ at 10:00クツの話

2009年12月23日

レッドウイングの修理





カカトのかなり磨り減った「RED WING」が修理に

出てきました。



古くなっているソールを外して、

中底を綺麗に再生して(ここがポイント!!)



新しいソールを付ければ、出来上がりです。





これで、復活!!

  

Posted by キミ at 22:00クツの話

2009年12月23日

靴にもスタッドレス



今年の冬は寒いですね。

車は冬になると冬用のタイヤに交換します。

実は靴にも冬用(雪用)のソールが存在します。


通常のソールに雪用のスベリにくいソールに交換。





これで、雪が降っても大丈夫!違いがわかります。

紳士用2300円(両足、税込み) 婦人用1800円(両足。税込み)

試してください!

  

Posted by キミ at 10:00カバンの話

2009年12月22日

レツドウイング



作業靴として使われている「レッドウイング」が

修理に出てきました。元来「レッドウイング」は

作業靴として生まれたものなので、靴の先端に

金具こそ入っていないものの、とても丈夫です。



今回は「ボブソール」と言われるオフホワイトの靴底

ではなく、ビブラム底がはってあるので、同様の

ビブラム底と交換しました。



靴底の交換で、まだまだ使えます。

むしろ、アッパーが足に馴染んで新品の時より

履きやすいかも。  

Posted by キミ at 10:00クツの話

2009年12月21日

白いソックスはかないで!



今回は前橋のトラッドファッションのお店エンゼルさんとコラボ動画です。

  

Posted by キミ at 20:44動画で解説

2009年12月21日

レッドウイングのように



写真のような男性用のショートブーツを

「RED WING」のようにソールを交換しました。



これをレッドウイングのように・・・・・



上手にできたでしょうか?  

Posted by キミ at 19:00クツの話

2009年12月21日

宇宙戦艦ヤマト



映画「宇宙戦艦ヤマト」を見てきました。

いつも、こういう類のアニメ映画を見て

思う事は、やっぱり、オタクぽい人が多いなぁ・・・と

思ってしまいました。まぁ私もそうですけれども・・・。

でも何故なんでしょう?オタクぽい人はチノパンとか

普通のスラックスに白いスニーカーなのは・・・?

というわけで、映画のほうは、なかなか面白い!

当然ですが、「ヤマト」はなかなか、敵の攻撃に

あっても破壊されない!!。

もうすでに、19歳の娘がいる設定になっている

古代進が「誰かがやらねば・・・」といつもの台詞。

身を挺して人を救うという、現代日本には見られなく

なった、潔い犠牲的精神に共感できる部分に、

ああであって欲しいと共感するのかも。  

Posted by キミ at 01:06映画の話

2009年12月19日

右翼団体ではありません



右翼団体ではありません よ~

  

Posted by キミ at 06:22動画で解説

2009年12月16日

ワイルド7



望月三起也原作のマンガ「ワイルド7」の実写版が

昭和47年の秋から半年間放映されていたのを

ご存知ですか?原作とは一寸ちがう趣なんですが・・・。

7人全員が750CCのオートバイを駆使し、(番組の協力

スポンサーがスズキなので、すべてスズキのオートバイ)

提供スポンサーに今は無き「MGCボンドショップ」があり、

初めて小道具にモデルガンが使われているのも大きな特徴です。

第一回放映後、「今のは本物のマシンガンか?」という問い合わせが

あったそうです。また、伊香保、榛名でロケを行った回が2回ありました。

第一回放送では「峰岸徹」がまだ、「峰岸隆之介」となっていました。

ガンマニア、バイクマニア必見の一品です。

  

Posted by キミ at 09:30ライダーズ

2009年12月14日

カティンの森



現在、公開中の映画「カティンの森」を

仕事のついでに上京したので岩波ホールで

鑑賞してきました。

この映画は実際に第二次大戦中に行われた

ポーランド人将校の虐殺を描いています。

初めて、この「カティンの森」の事を知ったのは

漫画「ゴルゴ13」で、以来この事件に興味を持っていました。

映画の監督は「灰とダイヤモンド」などで有名な

ポーランドを代表する監督、アンジェイ・ワイダです。



監督のお父さんもこの虐殺の被害者の一人でした。

殺される人間、殺す人間、いつか帰ってくると信じて

待っている家族、監督が長年描きたかった世界が映像として

蘇ってきます。ポーランドという国は、この1000年位の間に

2回程、国そのものが侵略によって、無くなってしまった悲劇の国です。

そんな国の持つ宿命のようなものを強く感じました。

また、私自身が今から22年前に、当時まだ社会主義国だったポーランド

に行った際、訪れた場所が映画の中に出てきたりと様々な思いが

錯綜しながらの鑑賞となりました。最後にポーランド人の将校を虐殺する

シーンは妙にリアルで未だに頭から離れません。  

Posted by キミ at 02:38映画の話

2009年12月08日

ファスナー、ジッパーの修理



ファスナー、ジッパーの修理について話します。

  

Posted by キミ at 19:03カバンの話

2009年12月02日

総理の不倫



鳩山総理の不倫と蓮舫議員の熱湯コマーシャル

  

Posted by キミ at 13:02どつかれて時事放談